フィンペシアとフィナステリドの効果の違いを知る

フィンペシアとフィナステリドの効果の違いを知る

薄毛の改善に効果的な医薬品

男性型脱毛症の治療薬としてフィナステリドが注目されています。

 

もともとは前立腺肥大症の治療に使われていましたが、薬を使った人に髪が増える効果が見られたことから薄毛治療薬としても注目されています。

 

5αリダクターゼを阻害することで抜け毛の進行を抑えられる薬で、こちらは飲むタイプで、1日1回服用することで改善を目指していきます。

 

AGA治療薬としてはプロペシアの名前で知られており、最近はそのジェネリック的な医薬品であるフィンペシアにも注目が高まっています。

 

違いについて知ろう

フィンペシアはプロペシアよりもかなり低価格で購入できることもあり、より安くAGA治療が行なえることで人気が高まっている薬です。

 

効果の違いについてはプロペシアと同じく有効成分はフィナステリドですので、同じ様な効能が期待できます。

 

購入方法には違いがあり、プロペシアは医療機関で処方してもらうことができますが、フィンペシアは日本では未認可の薬ですので、医療機関では販売されていません。

 

購入するときは、海外医薬品の個人輸入という形をとることとなり、輸入代行業者を利用すれば輸入の知識がないという場合にも手軽に注文することができます。